My Second Language ブログ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

Likeの落とし穴

先日、関係代名詞を学校で習ったばかりの生徒さんからこんな質問がありました。




1.これは私が知っているうちで最も良いイタリア料理店です。


This is the best Italian restaurant that I know.





2.夏はJohnが最も好きな季節です


Summer is the season that John likes the best.





この二つの文は日本語はすごく似ているのに英文の違いがなぜそうなるのかがわかりません、とのことでした。




1の文は「最も良いイタリア料理店」=「the best Italian restaurant」と「the best」が名詞のすぐ前に置かれています。


一方、2の文は「the best」が「season」の前ではなくて文の一番後ろに置かれています。

これはどうしてかというと、日本語の「好き」形容詞なのに英語のそれにあたる「like」動詞と品詞が変わってしまうからなのです。

それから同じ「the best」でも1の方はrestaurantを修飾する「形容詞」、2はlikeを修飾する「副詞」なので、それも大きな違いです。

同じ形容詞を使うなら「Summer is John's favorite season.」(favorite=「一番好きな、お気に入りの」という意味の形容詞)と書くこともできますが、問題には「Like」を使うようにと指示されていました。

動詞は名詞を修飾できないのでseasonの前に置くことができません。


なので「SはNが最も好きです」=「S likes N the best」という表現を使って上のような関係代名詞の文となります。


「Like」は英語を習いはじめると早い段階で使う言葉ですし、「Like」が「動詞」であることはほとんどの人が知っていると思います。


でもその意味を表す「好き」が「形容詞」だということに気が付いている人は少ないのではないでしょうか?




英語が苦手な人は「名詞」「形容詞」「動詞」「副詞」「前置詞」など品詞をあまり意識していない方が多いように思います。


実は英語には「前置詞」の後ろには「名詞」しか置けないとか、「名詞」の前には「形容詞」しか置けないとか、いろいろなルールがあるので品詞を理解するのはとても大切です。

はじめのうちは大変でも、品詞の特徴や使い方がわかれば英語は語順がはっきりしているので、あとは公式のように言葉を並べればいいので英作が簡単になります。




辞書で意味を調べるとき、ぜひ品詞もチェックするようにしてみてくださいね。










にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
0

    岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
    少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

    英会話の無料体験レッスン
    無料体験レッスンのお問合せ

    英語を上達させるには…

    先日、息子が「もう英語難しすぎ!」って言ってきたので、水泳にたとえて英語がどうやったら上達するか教えました。
    ちなみに息子は水泳部です。

    どんなことかというと…。

    ◎水泳は「クロール」「平泳ぎ」「背泳ぎ」「バタフライ」の4種類がある。
     英語は「聴く」「読む」「書く」「話す」という4技能に分かる。

    ◎水泳も英語もマニュアルを読んだからといってできるようにはならない。
    実践のみ!

    ◎正しい方法を知らないと水泳は犬かき、英語は単語を並べるだけのブロークンイングリッシュからなかなか脱出できない。

    ◎いくらクロールの練習をしたところでバタフライもついでに泳げるようになるわけではなく、それぞれの練習が必要。
    同様に英語も読んだり聴けるからといって、書いたり話せるようにならないのでそれぞれ技能別の練習が必要。

    ◎どちらもスピードをつける場合とスタミナをつける場合はトレーニング方法が違う。

    「入部した時はほとんど泳げなかったのに速く、しかも長距離泳げるようになったのは毎日いろいろなメニューの練習を頑張ったからでしょ?英語も同じだよ。」
    というと
    「なるほど!」
    とこれから英語を頑張ってくれるかはさておき、英語の上達に何が必要かはわかってくれたようでした。

    つまり、英語が話せるようになりたい方はいくらリスニング力を鍛えても「話す」練習をしないと上達しないってことです( ̄▽ ̄)

     

    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村
    0

      岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
      少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

      英会話の無料体験レッスン
      無料体験レッスンのお問合せ

      ランチタイムレッスンはじめます

      1月11日より月曜日と水曜日のランチタイム(12:00〜13:00)にネイティヴ講師と気軽にトークができるワンコイン(500円)レッスンを開講します。
      お弁当食べながら、食後のコーヒー飲みながら英語でおしゃべりしませんか?
      飛び入り、途中入退室もOK!
      日本人講師もいますので英語が苦手な方も大丈夫です♪

      ご質問等がございましたら、こちらのお問い合わせフォーム(http://my2lang.com/mail/mail.htm)かお電話でお気軽にお問い合わせくださいね♪
      0

        岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
        少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

        英会話の無料体験レッスン
        無料体験レッスンのお問合せ

        柳ケ瀬ビッグパブ

        地元の商店街で行われた

        柳ケ瀬ビッグパブ

        というイベントに行ってきました。

        各地のクラフトビールやビールに合う食べ物が味わえるというだけあって、生憎の雨にもかかわらず
        人・人・人!



        私はビールに苦みがあんまり好きじゃないので、フルーティなビールをセレクト。
        フードはナッツのクレープ♪
        どれも美味しかったです。

        ビール片手に会場をウロウロしているとたくさんの知り合いに遭遇。
        みんな酔っぱらっていてご機嫌でした。

        美味しいビールを飲みながら、楽しくおしゃべり。
        シアワセな日曜日の昼下がりでした☆



          にほんブログ村 英語ブログへ
        にほんブログ村
        0

          岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
          少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

          英会話の無料体験レッスン
          無料体験レッスンのお問合せ

          英語の課題

          明日提出する息子の英語課題。



          10ページ以上あったけど、あと4ページ!
          ただでさえ苦手な長文なのに授業でやってないところ。
          問題も結構長い文を訳したり、ハイレベル。
          これを息子が自力でやるのはかなり大変なので長文の読み進め方や解き方を教えながら一緒にやっています。
          それにしても1ページ終えては休憩してるので全然進まない〜(ー ー;)


          にほんブログ村 英語ブログへ

          にほんブログ村
          0

            岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
            少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

            英会話の無料体験レッスン
            無料体験レッスンのお問合せ

            いつやるの?今でしょ?

            40代半ばになるといろいろなところに老化を感じます。
            そして親や身内の死を体験して命には限りがあることを改めて実感すると、やりたいことを先延ばしにするのは時間がもったいないと思う今日この頃。

            これから先はどんどん体も衰えていくばかりです。
            そう考えると「今」、この瞬間が自分の人生で一番若いんだから、今のうちにやりたいことはやっておかなければ!

            昨年からはじめたランニングでは、先月10劵泪薀愁鵑暴蘢戦しました。
            来年はハーフマラソンに挑戦するつもりです。

            スクールも自宅のリビングではなく、もっとたくさんの人に受講していただけるような場所に移転したいと思っていたら、ちょうどそんな話が舞い込んできました。
            30代だったら、いろんなリスクを考えて「もう少し生徒が増えてから」とか決断を先延ばしにしたでしょう。
            でも「移転するなら体力がある今のうちに」と思い、話を進めることにしました。

            Life is short.

            失敗したらまた挑戦すればいいんです。
            いくつになっても何かに挑戦し続ける自分でありたいです。


            にほんブログ村 英語ブログへ
            にほんブログ村
            0

              岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
              少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

              英会話の無料体験レッスン
              無料体験レッスンのお問合せ

              主語(2)

              11月12日のブログで英語の主語について書きました。
              今日はその続きを書きたいと思います。

              英語で主語に注意しなければいけない時は特に現在形の時です。
              主語が三人称単数だった場合、動詞にSをつけなければいけません。

              多くの生徒さんがまず「三人称」が何かで悩みます。
              「一人称」は話し手「私、私たち」…I, we
              「二人称」は聞き手「あなた、あなたたち」…you
              「三人称」はその他の人・もの「彼、彼女、それ、トム、犬、机、彼ら、メアリーとジョン、両親など」…he, she, it, Tom, dog, desk, they, Mary and John, parents
              赤字が単数形、青字が複数形

              その中で単数か複数かも区別する必要があります。
              ちなみにyouは単数形でも複数形でもyouだと習いますが、実際は「あなたたち」と言いたい場合は単数形と区別するためにyou guysやyou allを使うことが多いです。

              HeやSheはすぐに三人称単数だとわかりますが、人の名前や動物、ものなどは三人称と考えにくいようです。
              そもそも動詞にsをつけなければいけないことさえも忘れてしまっている人もいるでしょう。
              日本語は動詞の活用が主語によって変わることがほとんどありませんし、Sの1字くらい言わなくても大した問題じゃないと思っているかもしれません。
              aやtheについても同じでしょう。
              日本語には冠詞をつける規則はないので慣れるまではつい忘れてしまいます。

              でも日本語で助詞の「は」「が」の区別が大切なように英語もこの細かい文法のルールは大切です。
              英語を使うときには意識するようにしてくださいね。


               
              にほんブログ村 英語ブログへ
              にほんブログ村
              0

                岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
                少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

                英会話の無料体験レッスン
                無料体験レッスンのお問合せ

                はじめての試合

                中学生になった息子が入部したのは水泳部。
                息子の中学校では水泳だけではなく水球もやります。
                先週日曜日に初めて水球の練習試合がありました。
                一年生全員出してもらえたそうです。

                「オレ、下手くそだから練習でもパスが回ってきたことがない」
                と言っていた息子ですがメンバーのフォローにまわったり思ったより活躍できたみたいで、帰るなり興奮気味に様子を語ってくれました。

                午前中は練習試合、午後は合同練習と丸一日プールの中にいたらしいのですが、かなり古いプールで室内温水プールといえどもめちゃくちゃ水が冷たかったとのこと。
                お陰でちょっと風邪をひいてしまいました。



                ちなみに結果は水球クラブの小学生相手に完敗だったそうです(笑)

                にほんブログ村 英語ブログへ

                にほんブログ村


                0

                  岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
                  少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

                  英会話の無料体験レッスン
                  無料体験レッスンのお問合せ

                  主語(1)

                  日本語は主語がなくても文が成り立つ言語です。
                  そのため日本人はその文の主語が何かあまり気にしません。
                  また、主語が単数でも複数でも他の部分に影響がないので、それも気にしません。

                  でも英語は必ず主語が要りますし、時制によっては単数か複数かで動詞の形が変わるので、主語はとても重要です。

                  英語に力を入れている中学校に入学した息子はほぼ毎日英語の授業があります。
                  だから進度も速いです。
                  宿題もたくさん出ます。
                  確認テストも毎週あり、不合格だと放課後残って追試です。
                  今の時点で英語がわからなくなるとこの先ずっと困るので、息子の宿題や確認テストの勉強にはなるべくつき合うようにしています。

                  息子を見ていると、主語が何かを見つけることにまだ慣れていないな〜と感じます。
                  例えば
                  Is your sister a student?
                  という文があると、どこまでが主語かわからなくなったり、「your」の部分を見て「you」だと勘違いしたりします。
                  Do Tom and his brother play baseball everyday?
                  という質問文をTomの部分だけ見て
                  Yes, he does.
                  としてしまったり…。

                  また、1人称、2人称、3人称の区別もいまいち理解していないので、いわゆる三単現のSをつけ忘れたりします。

                  三単現のS…
                  たくさんの人がこれを理解するのに苦労したのではないでしょうか?
                  実は私もそうでした。

                  次回は三単現のSについてお話ししたいと思います。




                   
                  にほんブログ村 英語ブログへ
                  にほんブログ村
                  0

                    岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
                    少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

                    英会話の無料体験レッスン
                    無料体験レッスンのお問合せ

                    朝勉強

                    息子が名古屋の私立中学に入学してから約半年。
                    やっと親も子も心に余裕が出てきました。

                    覚悟はしていましたが勉強についていく大変さは想像以上で、子供の自主性を重視してヤル気になるまで待っていられないほどの速さでどの教科も進んでいきます。
                    小学校気分が抜けない息子ははじめは全く家で勉強する気がなく、親ばかりが気をもんでイライラ。
                    でも、さすがに定期テストでクラスワースト3に入ってしまったときは
                    「このままじゃ、やばい」
                    思ったらしく、
                    「お母さん、勉強を教えてください」
                    と頼んできました。
                    でも部活もやっている息子は学校から帰るとクタクタで、夕ご飯を食べる元気もなく寝てしまうことがしばしば。
                    私も夜は仕事があって勉強につき合える日は限られているので、早朝4時に起きて一緒に勉強することにしました。
                    起きるとまずお風呂に入って目を覚まさせてから勉強です。

                    慣れるまでは10分も経たずに
                    「疲れた。休憩したい」
                    と言う息子を
                    「ダメ。最低30分は休まずやるの!」
                    と叱りながら少しずつ勉強のスタミナをつけていくことからはじめました。
                    そのうち集中力もついてきて、英単語や漢字を覚えるのもだんだん早くなってきました。
                    朝は時間も限られているので余計に効率よくできるようです。

                    最近やっと少しずつ成績も上向いてきて、息子の顔も明るくなってきました。
                    自信が出てくるとイライラすることも少なくなり、私に反抗することも減り、私も笑顔が増えました。
                    親子の会話も増えたし、今は息子と向き合える貴重な時間として楽しんでいます。


                      にほんブログ村 英語ブログへ
                    にほんブログ村
                    0

                      岐阜の少人数制・英会話教室My Second Language
                      少人数制の英会話教室:My Second Languageホームページ

                      英会話の無料体験レッスン
                      無料体験レッスンのお問合せ

                      | 1/15PAGES | >>

                      岐阜の少人数制、大人英会話・子供英会話・TOEIC・ビジネス英語教室